商談の流れ

Business negotiation flow

木製コンテナハウスを計画するうえで、何から始めて、どう動けばいいか分からない。

資金、土地、建物、税金の事まで、たくさんの課題と調査が必要で、どの内容に対して、どの業者に依頼すればいいのか不安!

1つの会社で全てをまとめる所があったら!

そんなニーズに対応する大工屋では、木製コンテナハウスの一連の業務をご提案させていただきます。

親子とソーシャルワーカー

①ご要望のヒアリング

お客様のご要望をしっかり取り入れた木製コンテナハウスを創るために、打合せには時間をかけています。漠然としていてもまったく構いませんので、こういう家がいい、という夢をお聞かせください。もし、描いている住宅のイメージに近い資料(雑誌等)があったら、お持ちください。また、建設用地の情報も重要です。

破産申請

④見積書の作成

②と③を何度か重ねつつ、ある程度プランが固まってきた段階で見積書の作成をします。価格の内訳をすべて明朗にご理解していただくために、作成する見積書の内容はとても詳細なものになります。

仕事中の作業員

⑦工事着工

必要な申請等が完了すると、いよいよ工事の着工です。工事の進捗に従って、随時、内装材や住設機器などについて打合せをさせていただきながら、住まいができあがっていきます。お休みの時など、建築途中の現場をご覧になって、夢を描いてください。

電気工事図面

②提案用図面の作成

ご要望のヒアリングを元に設計士が図面を起こしていきます。設計上の非常に重要な要素として、家族構成や住宅を建てる場所の周辺環境がありますので、必ず現地の状況を調べた上で設計しています。

家族で物件内覧

⑤見積書を確認しながら打合せ

使用する建材や住宅の仕様など、見積書に沿って逐一説明していきます。しっかりご検討していただいて、ご不明なところは遠慮なくお尋ねください。

商談成立

⑧完成・お引渡し

木製コンテナハウスが完成し、必要な検査等が終わると、設備機器などの取扱説明をさせていただいた上でお引渡しです。このあとでも、何かご不明な点などありましたら、遠慮なく連絡ください。アフターメンテナンスなど、しっかり対応いたします。地域密着の工務店として、お引渡ししてからがお客様との本当のお付き合いのはじまりだと思っています。

仕事の相談

③図面内容を説明しながら打合せ

こちらで作成した図面を見ていただきながら、内容の説明をします。1、2度で満足いくプランはできませんので、何度も打合せを重ね、じっくりご検討いただくなかで、お客様のセンス、ライフスタイルに合った木製コンテナハウスを構成していきます。こちらでもプロとしてのアドバイスをいたしますので、不明点は遠慮なくお聞きください。

契約書の説明

⑥見積もりやプランの調整

プランや金額が決定したところで、ご契約となります。このあとの変更にも、打合せしながら可能な限り対応しますので、ご安心を。弊社の方で、申請書類の作成業務に入っていきます。